キャタピラー・強の1000体盗み討伐結果

2020年9月9日

こんにちは。

看板娘兼案内役のミーティアです♪

キャタピラー・強

今回は、『キャタピラー・強』の1000体盗み討伐をしてきました。

情報は、すべてVer5.2時点でのものなので、注意してね。

 

キャタピラー・強とは

キャタピラー・強があらわれた!

キャタピラー・強』は、モガリム街道等に出現する『キャタピラー』の強化版モンスター。

同種族には、『どくイモムシ』・『かえんムカデ』・『ベノムピード』。

ベノムピードはドラクエ10、

他はドラクエ3が初出となっています。

 

『糸吐き』を使ってくるので、しばりガードがあるといいですけど、

使われる前に倒すことが容易なので、

無理に用意する必要はないですね。

ガウシア樹海

Ver5.2でのゼクレス魔導国の新エリア・ガウシア樹海で、

北西部にあたるレビンの洞窟の東側と、

中央部にあたるラーの広場の北側の2ヶ所で出現します。

 

北西部では、お供なしの2~5匹、

中央部では、1~4匹でお供に『モーモン・強』が付いてくることがあります。

 

北西部では、密集度合が高いので『魔因細胞』集めにも向いていますけど、

同エリアの『くらやみハーピー』にピキンされやすいのが辛いところ…

出現数の差が激しいので、両手剣持ちのまものつかいがお勧めです。

 

図鑑情報

キャタピラー・強の図鑑情報
キャタピラー・強の図鑑情報

種族:虫系

経験値   :1,070
ゴールド  :5
特訓ポイント:2

通常ドロップ:ちょうのはね
レアドロップ:げんませき

白宝箱
 降魔のよろい上
 降魔のよろい下
 降魔のグリーブ

宝珠
 鉄壁のしばりガード
 禁断のきようさアップ
 ばくれつきゃくの極意

ドロップアイテムは、通常が『ちょうのはね』・レアが『げんませき』。

げんませき』は5,000Gと『魔因細胞のかけら』よりやや高いくらいなので、

盗賊を連れての魔因細胞集めの候補にもいいんじゃないでしょうか。

 

宝珠は、『禁断のきようさアップ』を落とす唯一のモンスター。

また、一部で人気の格闘の200スキル『ばくれつきゃくの極意』もありますね。

こちらは『テンタクルス』と『ばくだん岩・強』も落としますけど。

 

白宝箱は、Lv93の鎧装備・『降魔のよろい上』・『降魔のよろい下』・『降魔のグリーブ』の3種類を落とします。

ここまで進めているのであれば、白宝箱狙いでは需要はなさそうかな。

光る白宝箱

こういう時に限って、光ってしまう運の無駄遣いが…

ちなみに、中身はこちらでした。

光る白宝箱の中身

 

盗み成功率

キャタピラー・強から盗み成功

盗みが成功するまでの回数の結果はこちらです。

きようさは900で行っています。

 

盗み成功までの回数

1回目:639回
2回目:236回
3回目: 74回
4回目: 32回
5回目: 13回
6回目:  6回

成功までの平均回数は1.56回

成功率は64.0%でした。

ドロップと盗み結果

アイテム結果

通常枠と盗み枠で入手したアイテムの結果です。

通常/レア共にドロップ率2倍を装備しています。

 

ドロップ数 盗んだ数 合計
ちょうのはね 125 441 566
げんませき 13 50 63

 

1体あたりの金額は?

キャタピラー・強からのドロップ

こちらの方法で算出してみました。

(ドロップ分と盗み分のアイテムの合計額+盗み失敗時のゴールド)

/ 1000 + (落とすゴールド)

 

ちょうのはねは200G、げんませきは5,000Gで求めたところ、

キャタピラー・強』1体あたり、『435.7G』となりました。

 

まとめ

キャタピラー・強1000体討伐

魔界のモンスターではかなり弱い部類で、

戦いやすい場所もありますけど、

何を狙うにしても惜しいモンスターといった印象でした。

『禁断のきようさアップ』の宝珠だけがお目当てのモンスターかな。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

下のランキングバナーをポチットしてくれると嬉しいです。