【闘戦記】噂のデス入り構成で剛獣鬼ガルドドン初討伐!

ども、残念魚ことウェイルです(`・ω・´)

剛獣鬼ガルドドンも2周目に入りましたね。

昨日は、初日に勝てなかったリベンジ戦に行ってきました!

 

構成は、魔戦・賢者2・デス

パラ構成よりも敷居が低いということで挑戦してきました。

今回は賢者で参加させてもらいました。

智謀闇埋めと扇闇13%のベルトに出番がくるとは…

 

装備とか、色々足りませんでしたが orz

それでも、一緒に行ってくれたフレさん達には感謝です!

 

賢者は、開幕風斬りの舞を使うだけで、

あとはひたすらドルモーア&ドルマドン!

きせきの雨すら不要とは…

デスマスターが死んでいる場合のみ、蘇生に回っていましたけどね。

 

パラ構成よりもやりやすさはあるものの、

それでも、楽勝とはいかずに全滅すること数回。

 

初めて、黄色を拝むことが出来ました!

途中、全滅のピンチもありましたが…

そのまま赤まで突入!

動画で軽く見てはいましたが、

直接見るのが初めての技が多くてわたわたしていました。(;・∀・)

そして、ついにこの時が…!

剛獣鬼ガルドドン討伐!

 

過去の常闇・闘戦記の中で初討伐した時に、

ここまで嬉しかったのはなかったかも。

 

そして、別のフレさんたちとも行ってきまして、

この構成では3勝させていただきました!

1飯で1勝ペースト、安定はまだまだですけどね。

 

他には、ちょっと違った構成でも。

 

1つめは、パラ・賢者2・デス。

パラディンだとゾンビ戦法にはならず、

押さえてくれている間にガンガン攻めていく形ですね。

 

魔戦が壁役の時と違って、おもさが拮抗しているので、

ターンエンドまでは動かずに攻撃できるのはいいですね。

 

ただ、パラ自身の火力がないのと、

FBのようなダメージアップもないので、

時間的に厳しく、勝てませんでした(´;ω;`)

 

今思えば、両手杖で陣を敷いて戦えばよかったんですけど、

全然気付いてなくて、扇でそのままいっていました…orz

 

もう1つは、あと1人足りなかったので試してみたドラキー入り!

 

ドルマ系ダメージアップと攻撃魔力の高さから、

ダメージは申し分なし!

いざという時の蘇生役が減るリスクはありますけど、

慣れてきたらいい感じに動けるようになってきました。

 

まりょくのうたで、早読みが入るのもありがたい。

 

ただ、範囲技への巻き込みが増えるうえ、

ドラキーがタゲの時に引っ張りきれないのが難しい。

 

最後は、ドラキーがタゲの将雷ドラミング

全員が巻き込まれての全滅でした(;・∀・)

寂しかったのか、3人が揃っているガルドドン正面にわざわざ移動してきての巻き込みでしたw

 

これがあるから、サポ入りだと雷100が最低1人はいないと厳しいかな(´・ω・`)

 

まだなんとなくですが、戦い方も分かってきたかなと。

 

この辺りに気を付けて動いていました。

  • 基本はひたすらドルモーアを撃ちまくる
  • デス以外が死んでも、蘇生はデスに任せて攻撃に専念(魔力かくせいを付けるために、賢者の蘇生は出来る限りしない)
  • ドルマドンは暴走確定時またはFBが入っている時に
  • 自分がタゲの時は、魔戦の壁が外れないように下がり、攻撃を受ける時は必ず一人で!
  • 自分以外がタゲの時は、確実に巻き込まれない位置から攻撃し、ターンエンド後には壁が成立出来るところに戻る
  • エンドまで壁が維持出来そうにない場合は、補助壁に入ってエンド前には離脱
  • デスがタゲの場合は、エンド前に蘇生待機

 

まだまだ手探りで進めていますが、

この手探り感が楽しいですね。

 

これからは、強さ2の討伐と、

強さ1での10分切りを目標にやっていきますよ!

 

討伐に時間がかかっているのは、Lv104とか105で参加している大型地雷がいたからなんですけどね…

レベル上げしっかりやってきます orz

こんなヤツにお付き合いいただいたみんなには感謝です!

 

ジェルザークの時も全く同じことをしていたような(;・∀・)

Lv100魔法使いとか、暴走イオとか知らない!

一年近く経っているのに、全く成長していない…orz

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

下のランキングバナーをポチットしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング