プテラノドン・強を1000体盗み討伐!

こんにちは。

看板娘兼案内役のミーティアです♪

今回の1000体盗み討伐は、

ゲルヘナ幻野の中でも面倒なタイプでした…

 

空を飛んでいるモンスターは、

自分から当たりにいけないのが辛いですね。

 

それでは、魔界1000体盗み討伐の第9弾参ります!

 

プテラノドン・強

情報は、すべてVer5.0のものになります。

 

登場作品

ドラクエ10で初登場です。

ドラクエ11では、強は登場しないで邪だけでしたからね。

 

プテラノドンは、グレン領東やガタラ原野で登場しましたね。

初遭遇したときは、ピキンされたら必死で逃げていた覚えがあります。

 

 

出現エリア

 

出現するエリアは、ゲルヘナ幻野の中央エリアがメインです。

空を飛んでいるので、

向こうに見つけてもらわないと戦えないのが大変でした。

空に注目していると、足元のモンスターに気付かなくて当たったりしていました。

 

あと、中の人が何故か首が痛いと…

画面の中の視点変えるだけでいいのに、

なんで首まで上向きで見ていたんでしょうね。

 

構成は1~2匹。

他のモンスターはいつものお供以外はくっ付いてきませんでした。

 

他のお供で確認したのは、

タッピツ仙人・ゲノミーです。

 

メタル系は出会えませんでしたね。

それと、珍しいパターンなんですけど、

ゲノミーのほうがタッピツ仙人より多く出てくれました!

 

簡易情報

種族:鳥系

経験値:2257

ゴールド:13

特訓スタンプ:3
通常ドロップ:大きな化石

レアドロップ:とこしえの虹

 

呪文耐性があると数を増やしても安心できます。

使ってくるイオナズンは暴走することも多いので。

通常の1~2匹なら全然気にならないダメージですけどね。

ドロップ品はレアのとこしえの虹がそこそこの価格ですね。

通常の大きな化石は捨て値価格なのが悲しいところです…

 

宝珠

落とす宝珠はこちらの3種類です。

  • 始まりのボミエ(水)
  • イオ系呪文の極意(光)
  • 悶絶全方打ちの極意(闇)

ムチの200スキル『悶絶全方打ち』を落とします。

ムチ自体の出番がそう多くないのが難点ですが…

落とした宝珠は全部で20個。

内訳はこちらになります。

始まりのボミエ:10個

イオ系呪文の極意:5個

悶絶全方打ちの極意:5個

 

白宝箱

落とす白宝箱の装備はこちらの2種類です。

  • ブリガンティア(扇:Lv99)
  • ガルーダテンペスト(扇:Lv100)

前回のキメラ・強とまったく同じなので、

狙うならキメラ・強がお勧めですね。

落とした白宝箱は全部で6個。

それでは、白宝箱の内訳を見てみましょう。

 

ブリガンティア:3個

ガルーダテンペスト:3個

 

光る宝箱は出てくれませんでした…

 

攻撃力が2つ付いたこれは、扇武闘家に使えるのかも。

出番はほぼないですけどね…

 

盗み成功率

盗み成功までの回数の結果はこちらです。

きようさは900で行っています。

1回目:689回

2回目:201回

3回目:82回

4回目:21回

5回目:4回

6回目:1回

7回目:2回

成功までの平均回数は1.46回

成功率は68.4%でした。

 

ドロップと盗んだアイテム

通常枠と盗み枠で入手したアイテムの結果です。

通常/レア共にドロップ率2倍を装備しています。

 

ドロップ数

  • 大きな化石:117個
  • とこしえの虹:17個

盗んだ数

  • 大きな化石:469個
  • とこしえの虹:54個

 

1体あたりの金額は?

こちらの方法で算出してみました。

(ドロップ分と盗み分のアイテムの合計額+盗み失敗時のゴールド)

 / 1000 + (落とすゴールド)

 

大きな化石は40G、

とこしえの虹は5,000Gで求めています。

 

結果、プテラノドン・強1体あたり、

397.6となりました。

 

通常ドロップの大きな化石の安さが響いていますね。

あえて盗みを狙う必要もなさそうです。

 

まとめ

経験値・ゴールド・特訓ポイントは上ですが、

それ以外は完全にキメラ・強の劣化モンスターですね。

 

狙うとしたら、悶絶全方打ちの極意の宝珠くらいかな?

戦闘するのが一苦労なモンスターですが、

いざ始まると倒しやすいモンスターではありますね。

シンボルの数も少なすぎるほどではありませんでした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

下のランキングバナーをポチットしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング