しのどれい・強1000体盗み討伐!

こんにちは。

看板娘兼案内役のミーティアです♪

ゲルヘナ幻野のモンスターもようやく折り返しです。

Ver5のモンスター数、改めてものすごいですね。

5.1までにどこまで進めるんでしょう…

 

それでは、魔界1000体盗み討伐の第7弾行きますよ~!

 

しのどれい・強

情報は、すべてVer5.0のものになります。

 

登場作品

ドラクエ10で初登場ですね。

強モンスターの登場したドラクエ11では、

しのどれいは未登場でしたからね。

 

しのどれいはベコン渓谷等で出現しますね。

洞窟内で転がっているのは、初めて見た時は驚きました!

 

出現エリア

出現するエリアは、ゲルヘナ幻野の中央部です。

ランタンこぞうと同じエリアですね。

2~4匹構成で、お供にはよくランタンこぞうが付いてきます。

出現するエリアの広さに比べて、シンボル数はかなり少なめなので、

探す時間が大変でした。

固まっていることもありましたけどね。

 

他のお供で確認したのは、

タッピツ仙人・ゲノミー・はぐれメタル・メタルキングです。

メタルキングは草陰に隠れるちょっぴりシャイな方でした!

 

簡易情報

種族:ゾンビ系
経験値:2128
ゴールド:3
特訓スタンプ:2

通常ドロップ:大きなホネ
レアドロップ:幻獣のホネ

 

必要な耐性は呪いですね。

頻度も高めなので、つけておかないとこうなっちゃいます…

ドロップ品はどちらも悪くないですよ。

大きなホネは、デモニウム鉱石マラソンで拾えてしまうので、

これが原因でVer5になってから大幅値下がりしちゃったみたいですけどね。

 

宝珠

落とす宝珠はこちらの3種類です。

  • 鉄壁の呪いガード(炎)
  • 足払いの技巧(闇)
  • 魂狩りの極意(闇)

 

鎌の特技、魂狩りの極意の宝珠が魅力です。

会心率アップなので、メタキンコインでもお役立ちの宝珠なので、

手に入れておきたいですね。

落とした宝珠は全部で16個。

内訳はこちらになります。

 

鉄壁の呪いガード:6個

足払いの技巧:5個

魂狩りの極意:5個

 

白宝箱

落とす白宝箱の装備はこちらの3種類です。

  • さばきの鎌(鎌:Lv70)
  • 魔導の鎌(鎌:Lv80)
  • デーモンサイズ(鎌:Lv90)

 

レベルは低めですが、鎌3種落とすので、

レベル上げ途中での装備用に取りに行くのもいいかもしれません。

 

落とした白宝箱は全部で13個。

それでは、白宝箱の内訳を見てみましょう。

 

さばきの鎌:5個
魔導の鎌:3個
デーモンサイズ:5個

 

今回も光ってくれませんでしたが、

ちょっとよさそうなものがありました。

これがLv90のデーモンサイズだったら、もっとよかったんですけどね。

 

盗み成功率

盗み成功までの回数の結果はこちらです。

きようさは900で行っています。

 

1回目:526回
2回目:239回
3回目:122回
4回目:58回
5回目:31回
6回目:12回
7回目:6回
8回目:4回
9回目:2回

 

成功までの平均回数は1.92回

成功率は52.1%でした。

これまでの魔界のモンスターと違って、盗みにくい相手でした。

 

ドロップと盗んだアイテム

通常枠と盗み枠で入手したアイテムの結果です。

通常/レア共にドロップ率2倍を装備しています。

 

ドロップ数

  • 大きなホネ:87個
  • 幻獣のホネ:12個

盗んだ数

  • 大きなホネ:384個
  • 幻獣のホネ:55個

 

1体あたりの金額は?

こちらの方法で算出してみました。

(ドロップ分と盗み分のアイテムの合計額+盗み失敗時のゴールド)/ 1000 + (落とすゴールド)

 

大きなホネは500G、

幻獣のホネは4,800Gで求めています。

 

結果、しのどれい・強1体あたり、

561.8Gとなりました。

 

通ドロ・レアドロともにそれなりの価格のアイテムなので、

価格的には悪くない結果となりました。

ただ、シンボルが散らばってしまっているので、

移動時間が長くなってしまって効率はよくないですね。

 

まとめ

経験値もドロップアイテムも悪くないモンスターですけど、

やはりシンボルのまばらさがネックになりますね。

 

金策や経験値稼ぎではなく、

魂狩りの極意の宝珠狙いにしておくのがいいかもしれません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

下のランキングバナーをポチットしてくれると嬉しいです。


人気ブログランキング